どの試験を受ける?先輩たちの入試対策Episode

どの入試を受ける?
早い段階で第一志望が固まった!将来の夢、学びへの関心、自己RPをしたい!
総合型選抜
学校推薦型選抜
志望度は高いけど、他の大学にもチャレンジしたい!
自己推薦型選抜
国公立と併願する。最後まで受験勉強を頑張りたい!
一般選抜
大学入学共通テスト利用・大学入学共通テストプラス
入試に関わるキーワード
キーワード1.専願
受験する大学を第一志望とし、合格したらその大学への入学が前提となります。万が一、第一志望でない場合や進路に迷いのある場合は、「併願可」の選抜を選択しましょう。
キーワード2.評価基準
選抜ごとに重視するポイントが異なります。学力と志望度で項目が分かれ、選抜ごとに評価の比重が異なります。詳しくは入試案内2023で確認して下さい。
キーワード3.調査書
出身高校で発行される書類で、学業成績、健康状況、生活や行動の状況などが記載されています。
キーワード4.出願

試験を受けるための申し込み書類を志望校に提出することです。試験により、紙の願書での出願やインターネット上で登録を行うWEB出願があります。

本学では、総合型選抜・自己推薦型選抜・学校推薦型選抜は紙の願書での出願、一般選抜・大学入学共通テスト利用・大学入学共通テストプラスはWEB出願で受け付けています(どちらも書類の郵送が必要です)。

総合型選抜(専願)合格者の声

イメージ
健康科学部 健康栄養学科2年
愛知県 名古屋市立北高等学校出身
佐々木 悠乃さん
入学意思を直接アピール&得意な科目に集中して合格を狙えます!

病院で働く管理栄養士に憧れて、高校3年生の夏頃から受験を意識し始めました。オープンキャンパスに参加したところ、学校の雰囲気が良く、また独自の授業や国家試験合格率の高さ、就職や海外体験ができることも魅力に感じ、入学したいと思いました。総合型選抜を選んだのは、学力に不安があっても自分の得意な科目に集中して受験勉強に取り組むことができ、さらに面接で自分の強い意志を直接アピールできるチャンスがあるからです。学力試験では数年分の過去問を何度も解き直し、基礎を細かいところまで勉強しました。応用問題も何度も解き、苦手をなくしていきました。これからは病院で活躍できる管理栄養士をめざし、食物のことだけでなく人体についても学び理解していきたいです。

私の勉強方法

エントリーカード作成では、添削と修正を何度も繰り返し、文章を完成させました。面接では、教室への入り方やおじぎの仕方、+αのことを伝える内容を話すことを心がけ、深い話ができるように工夫しました。

※各学生への取材は1年次に実施。

総合型選抜(専願)合格者の声

イメージ
短期大学部 保育学科第一部 2年
愛知県立常滑高等学校出身
春日谷 未奈さん
学びや将来について深く掘り下げたことが、いい結果につながりました。

充実した学びの設備、就職率の高さなど、保育士をめざす環境とサポートが充実していることから、本学の保育学科を志望しました。総合型選抜を選んだのは、早い時期の入試に照準を合わせ、早くから高い意識を持って準備できるから。また、たとえ失敗しても、その後に複数のチャンスが残されているのもメリットだと感じました。特に力を入れたのが、エントリーカード対策です。「志望理由」「将来の夢」「大学に入って何がしたいか」など5つの項目に対し、自分の考えを的確に文章化する力をつけるため、担任や国語の先生に何度も指導を受けました。その過程で、大学での学び方や理想の保育士像について掘り下げて考えたことが、面接対策にもつながったと思います。実際の面接でも、意見をしっかり伝えることができました。

私の勉強方法

課題作文対策として過去問題に取り組みました。出題された、保育についてのさまざまな論文を読んで考えたことを、制限時間内に文章にまとめるトレーニングをしました。先生に何度も添削していただき文章作成と修正を繰り返すことで、力がついたと思います。

※各学生への取材は1年次に実施。

早い段階で第一志望が固まった!将来の夢、学びへの関心、自己PRしたい!

学校推薦型選抜(専願)

  • 本学指定の高校のみ対象

総合型選抜(専願)合格者の声

イメージ
短期大学部 生活学科 2年
愛知県立東郷高等学校出身
今井 美緒さん
自分の強みや入学したい意思を面接や課題作文でアピールしました。

最初は専門学校への進学を考えていたものの、1つのことを専門的に学ぶより、幅広い分野の資格が取得できた方が将来の可能性を広げられると思い、進路を変更しました。高校2年生の時にオープンキャンパスに参加した際に先輩方がとても楽しそうだったこと、母も私も瑞穂区出身で馴染みのある場所だったこともあり生活学科を志望しました。自己推薦型選抜は、課題作文と面接がメインです。課題作文では、時間内に自分の考えをどのように書けば伝わるのかを意識しながら練習をしました。面接も高校の先生や両親に何度も練習をしてもらい、志望理由や入学してから頑張りたいことをアピールできるようにしました。在学中に資格をたくさん取得し、資格を生かせる職業に就きたいと思います。

私の勉強方法

課題作文では、様々な大学の過去問で作文を書く練習を行いました。国語の先生に添削していただき、伝わる言葉、丁寧な言葉遣いを調べながら書き上げるよう努力しました。

※各学生への取材は1年次に実施。

総合型選抜(専願)合格者の声

イメージ
健康科学部 看護学科 2年
愛知県立碧南高等学校出身
伊藤 流奈さん
早期に得意な教科を見つけ、勉強に集中。3日間受けられることも魅力の一つです。

中学生のころから看護師をめざしていました。高校3年生の部活動引退後から学校選びを開始。オープンキャンパスで新しい施設に感動したこと、先生方が親切にして下さったこと、そして学園訓である「親切」が、私が思い描く看護師像にあっていて志望しました。一般選抜は、得意な教科に絞って受験できるところが魅力です。私は早期から自分の得意科目を見つけて伸ばすことが重要と思い、生物基礎に力を入れて勉強しました。また、一般選抜は試験日自由選択制で3日間の試験日の中から受験日を自由に選べ、3日間とも同じ学科を受験できるため、チャンスが広がると思いました。将来は、親切の心を大切にし、患者さんのために動ける看護師になることが目標です。

私の勉強方法

生物基礎は早くから教科書を全て覚えるくらいの気持ちで、用語などを書いて暗記しました。国語は過去問題を解き、共通テストの問題もたくさん解きました。また、一緒に勉強していた友だちと励まし合いながら、頑張ろうと気持ちを奮い立たせました。

※各学生への取材は1年次に実施。

総合型選抜(専願)合格者の声

イメージ
文学部 児童教育学科 2年
愛知県立豊田高等学校出身
安藤 玲菜さん
大学入学共通テストの結果で、高得点をとれた科目で勝負できる入試です。

高校1年生から進路先選びを行い、高校2年生から受験を意識し始めました。パンフレットや学校のホームページから情報収集を行い、名古屋女子大学は公務員保育士になっている人数が多く、クラス担任制で相談しやすそうだと思い志望しました。大学入学共通テストで高得点を獲得できた教科で出願できるため、この受験方法を選びました。私はとくに国語が得意で、より力を入れて勉強しました。受験勉強ではノートを活用。重要箇所を一目見て分かるようにマーカーを引いておき、使う色も3色くらいに絞ることで、ノートを見返したときにポイントがすぐにわかるように工夫しました。これから始まる実習で視野を広げ、色々な保育士像を知り、将来は公務員保育士をめざして頑張りたいと思います。

私の勉強方法

その時にできることを行うように意識しました。例えば通学のバスの中では手軽にできるスマホアプリを使って問題を解いたり、家ではじっくりと取り組みたい過去問を解くようにすることで、効率よく勉強できるよう工夫しました。

※各学生への取材は1年次に実施。

総合型選抜(専願)合格者の声

イメージ
家政学部 生活環境学科 2年
愛知県立一宮北高等学校出身
木村 綾花さん
一般選抜、共通テストそれぞれで得点の高い科目を生かして合格を勝ち取りました。

理系出身で、もともと建築やデザインに興味があり、その分野以外にも衣・食についても学べることから、名古屋女子大学を志望しました。一般選抜の得点が高い科目と、共通テストの得点の高い科目で採点してもらえ、それが同じ科目どうしでも大丈夫なので、得意科目で合格を狙いやすいと思い、この受験方法を選びました。一般選抜では国語と数学を選択したので、国語は高校で配布された問題集を使って熟語や漢字を、数学はひたすら問題を解き、分からないところは先生に聞いて解決するようにしました。また様々な問題集を買うのではなく、学校でもらった教材をしっかりとやりきるようにしました。勉強は短期集中型なので、長くだらだら続けるのではなく、メリハリをつけて集中して取り組みました。今は衣・食・住の基礎をしっかりと学んでおり、製図や建築のデザインについても学んでいます。将来は、建築士やインテリアプランナーの資格取得をめざしています。

私の勉強方法

国語では、漢字・熟語でしっかりと点数が取れるように問題集でポイントとなるところをしっかりと覚えました。数学では様々な大学の過去問を解きました。共通テスト対策として、前に受けた模試の問題に再度挑戦したりしました。

※各学生への取材は1年次に実施。

よくある質問
Q1.大学以外の試験会場はありますか?
icon
あります! 本学以外でも
地方試験を実施します。
総合型選抜Ⅰ期では、本学・津・浜松 一般選抜Ⅰ期では、本学・伊勢・津・浜松・富山・飯田・松本で受験可能です。
Q2.一般選抜や大学入学共通テスト利用を受験する際の
「ネット出願」にはパソコンやプリンターが必要ですか?
icon
ネット出願はスマートフォンからもご出願いただけます。出願書類等を印刷する時、ご自宅にプリンターがない場合は、スマートフォンを使ってコンビニエンスストア等のマルチコピー機から印刷することが可能です。
Q3.面接時の服装について教えてください。
icon
服装は自由ですが、多くの方が制服で受験しています。
Q4.課題作文のポイントを教えてください。
icon
論理的に考えて、答えることができる万全の準備を!
課題作文は自己紹介や自己PRではありません。各学科の特色をふまえた課題に対して、自分の持っている知識を関係づけ、分析・判断し、結果を的確に伝える試験内容となっています。論理立ててまとめられるよう、しっかり練習しておきましょう。